アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし

新しい教育スタイル

高校生や中学生が勉強をする場所といえば学校ですが、最近では学校以外でも授業を受ける高校生や中学生が増えています。
それは、通信教育と呼ばれる新しい教育スタイルです。

通信教育というのは、実際に学校で国語や数学といった授業を受けるのではなく、パソコンなどを使って授業を受ける事ができるものです。
中学校や高校の中には、通信コースといって通信教育を専門に行っているところもあり、通信教育を受ける中学生や高校生というのは年々増えています。
通信教育の中には、国語や数学といった学校で教わる事ができる科目だけでなく、様々な資格や検定などを取得できるものなどもあります。
また、日本での初めての通信教育というのは、講義録と呼ばれるもので、明治時代から行われていたと言われています。
しかし、当時は今のようにインターネットの環境なども整っていませんでしたので、講義の内容が書かれた講義録と呼ばれる本を読むだけという内容でした。
講義録の中には、小学講義録や中学講義録といった様々な学生に向けて作られたものがあります。
近年では、インターネットが普及して誰でもどこでも通信教育を利用して勉強をする事ができるようになっていますが、当時の高校生や中学生は講義録を使って勉強をしていたのです。
学校ではなく、自宅にいながら国語や数学といった授業を受けたいという高校生や中学生は、通信教育を利用して授業を受けることをオススメします。

おすすめサイト

幼児向けの通信教育なら|学習応援ナビ